元久元年北野宮歌合 げんきゅうがんねんきたののみやうたあわせ

文書・書籍 / 鎌倉 / 九州 

福岡県
鎌倉
紙本墨書・巻子装
縦 26.8cm 全長 232.2cm
1巻
福岡県太宰府市石坂4-7-2
重文指定年月日:20110627
国宝指定年月日:
登録年月日:
国(文化庁)
国宝・重要文化財(美術品)

『北野宮歌合』は、元久元年(1204)11月に、後鳥羽院の下命により和歌所において催された当座歌合である。詠者は後鳥羽院、藤原定家のほか総勢10名からなり、 「時雨」「忍恋」「羇旅」の3題で詠まれた30首が15番に番えられている。そのうち4首が翌年に完成した『新古今集』に入集しており、本歌合は『新古今集』の編集に密接に関連しているものとして注目される。また本書は新出になる完本で、成立当初の姿を留めた鎌倉時代に遡る最古写本として貴重である。

作品所在地の地図

関連リンク

元久元年北野宮歌合チェックした作品をもとに関連する作品を探す

新古今和歌集竟宴和歌
寛平御時后宮歌合〈藤原定家、同為家筆/〉
紙本白描時代不同歌合絵
寂蓮無題百首
四十番歌合〈建保五年十月十九日〉
ページトップへ