文化遺産オンライン

釈教三十六歌仙絵(模本)

しゃっきょうさんじゅうろっかせんえ もほん

作品概要

釈教三十六歌仙絵(模本)

しゃっきょうさんじゅうろっかせんえ もほん

絵画 / 江戸

江戸時代・19世紀

紙本淡彩

1巻

神護寺別当、東寺長者をつとめた勧修寺栄海(かじゅうじえいかい)(1278~1347)撰になる、歌人の全てを僧侶で構成する歌仙絵の模本。達磨(だるま)・聖徳太子(しょうとくたいし)、菩提僊那(ぼだいせんな)・行基(ぎょうき)の贈答歌から貞慶(じょうけい)、明恵(みょうえ)にいたる37人の像と36の和歌から成る。和歌、及び各像が時代不同歌合絵の強い影響下にある。

釈教三十六歌仙絵(模本)をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

不同 / 歌仙 / 歌合 / 六歌仙

関連作品

チェックした関連作品の検索