三夕図 さんせきず

絵画 / 江戸 

土佐光成筆
江戸時代・17世紀
絹本着色
77.2×88.4
1幅

『新古今集』の「寂しさはその色としもなかりけり槙立つ山の秋の夕暮れ」(寂蓮)、「心なき身にもあはれは知られけり鴫立つ沢の秋の夕暮れ」(西行)、「見渡せば花も紅葉もなかりけり浦の苫屋の秋の夕暮れ」(藤原定家)が三夕の和歌。歌絵を伴なった歌仙絵である。

作品所在地の地図

関連リンク

三夕図チェックした作品をもとに関連する作品を探す

三夕図
三夕図

土佐光起筆

秋郊鳴鶉図
秋郊鳴鶉図

土佐光起、土佐光成筆

後小松院本歌仙絵 西行法師
俊成本歌仙絵 素性法師
鳥類写生図巻
鳥類写生図巻

岡本秋暉筆

ページトップへ