Three Gods of Japanese Poetry

Details

Three Gods of Japanese Poetry

Paintings / Edo

By Tosa Mitsuyoshi

Edo period, 18th century

Color on silk

91.0×38.2

3幅

和歌三神とは和歌の神と称された三神のこと。一般には住吉神、玉津島神、柿本人麻呂を指すが、本図では玉津島(たまつしま)神、柿本人麻呂、山部赤人(やまべのあかひと)から成る和歌三聖像とも呼ばれる構成で、各像の背景にそれぞれの代表歌の情景を描く。土佐光芳は江戸中期の宮廷画家。

Related Works

Search items related to work chosen