文化遺産オンライン

渡唐天神像

ととうてんじんぞう

作品概要

渡唐天神像

ととうてんじんぞう

絵画

道晃入道親王筆・賛

江戸時代 17世紀

絹本著色

縦83.8 横29.3

1幅

頭巾を被って道服をつけ、一枝の梅花を右脇に持った渡唐天神像を描き、その上方に中世において菅原道真の詠とされた和歌2首を賛した作品。落款から、画と賛の筆者は、江戸時代前期の天台僧・道晃入道親王と判明する。道晃は、後陽成天皇の第13皇子に生まれ、和歌・書画・茶道にすぐれた。本作品はその質から、江戸前期の宮廷文化圏で活躍した道晃が、たしなみの一つとして制作したものと推考される。

渡唐天神像をもっと見る

道晃入道親王筆・賛をもっと見る

九州国立博物館をもっと見る

キーワード

天神 / / / てんじん

関連作品

チェックした関連作品の検索