渡唐天神像 ととうてんじんぞう

絵画 / 室町  安土・桃山 

16世紀 室町~安土桃山時代
紙本著色
縦44.8 横23.4
1幅

仙冠道服を着けて、左肩から右腰に鞄をさげ、一枝の梅花を右脇にもつ渡唐天神像を描く。その表現の最大の特徴は、各所に施された金泥の文様である。菅原道真が中国の高名な禅僧・無準師範に参禅して弟子になったという「渡唐天神」の伝説を造形化する。室町時代を通じて盛んに制作されたこの主題のなかでも、本像の腕を振る姿は、狩野元信(1477~1559)とその後継者によって描かれた形式を踏襲している。

作品所在地の地図

関連リンク

渡唐天神像チェックした作品をもとに関連する作品を探す

渡唐天神像
渡唐天神像
渡唐天神像
渡唐天神像
渡唐天神像
ページトップへ