束帯天神像 そくたいてんじんぞう

絵画 / 江戸 

17世紀 江戸時代
絹本著色
縦84.8 横35.9
1幅

松と梅を背景に畳に座した貴人姿の束帯天神像をおおらかに描き、その上方に江戸時代前期の黄檗僧・高泉性潡が賛した作品。賛は、中世の天神信仰において無私の人格の菅原道真が松と梅を愛した話を踏まえた内容を、穂先のよく利いた中国書法で草卒に揮毫する。
長崎に渡来しのちに萬福寺第5世をつとめた黄檗僧が、天神信仰を踏まえて着賛している点が特筆される。類例に「束帯天神像」(土佐光起筆・高泉性潡賛、東京・常盤山文庫蔵)が知られる程度と希少である。

作品所在地の地図

関連リンク

束帯天神像チェックした作品をもとに関連する作品を探す

束帯天神像
束帯天神像

伝藤原信実

天神飛梅図
渡唐天神像
束帯天神像
渡唐天神像
ページトップへ