文化遺産オンライン

渡唐天神図

ととうてんじんず

作品概要

渡唐天神図

ととうてんじんず

日本画 / 室町 / 日本

日本

室町時代

紙本著色、掛軸

92.5×31.3(cm)

鳥取市

渡辺美術館

学問の神・菅原道真(天神)と同氏が好んだ梅をあしらった作品。渡唐天神図は15世紀以降、禅宗寺院でさかんに制作されたが、本図は頭部と上半身が下半身より大きく、背景の無い所など初期定型のものと思われる。円覚光室の賛詩は鎌倉五山の禅林文化における天神信仰で、「春風五百年」が道真没後500年を意味するとすれば、1400年前後の作と考えることができる。

渡唐天神図をもっと見る

渡辺美術館をもっと見る

キーワード

天神 / / てんじん /

関連作品

チェックした関連作品の検索