束帯天神像 そくたいてんじんぞう

絵画 / 南北朝  室町 / 近畿 

藤原信実 (1176?~1266?(安元2?~文永3?))
ふじわらのぶざね
近畿
南北朝~室町時代
絹本著色
縦84.3cm×横34.3cm
一幅
京都市上京区

「根本御影」と称され、北野天満宮では最も重んじられている天神画像。迫力と威厳に満ちたその姿は、畏怖されるべき怨霊神、火雷神としての性格が見事に描出されている。

作品所在地の地図

関連リンク

束帯天神像チェックした作品をもとに関連する作品を探す

束帯天神像
束帯天神像

伝藤原信実

束帯天神像
束帯天神像

高泉性潡賛

束帯天神像
束帯天神像
北野天神縁起絵巻(甲巻)
ページトップへ