木彫彩色天神像・随身像 もくちょうさいしきてんじんぞう・ずいじんぞう

民俗 

明治~大正期頃
木,顔料,漆・彫刻,彩色
【1】天神像(台座含):高さ34.7cm×幅33.8cm×奥行21.1cm
【2】随身像・左大臣(台座含)高さ19.8cm×幅19.6cm×奥行9.7cm
【3】随身像・右大臣(台座含)高さ19.9cm×幅19.6cm×奥行9.7cm
3
富山県高岡市古城1-5
高岡市

 木彫に彩色が施された天神像1躯と随身像2躯である。
 天神像は束帯(文官)の姿で台座に胡坐をし、手に取り外し可能な笏を持つ。随身像2躯は、束帯(武官)の姿で、左手に弓、右手に矢を持ち、背に矢を収める胡簶(やなぐい)を負う。それぞれ像の胸元には、金色で前田家の家紋でもある剣梅鉢紋が描かれ、天神像には肩と袖に梅鉢紋が描かれている。

作品所在地の地図

関連リンク

木彫彩色天神像・随身像チェックした作品をもとに関連する作品を探す

武生天神
武生天神

久野彫刻所

天神・随身図
天神・随身図

〔版元〕山城屋甚兵衛(山泉堂)

富山土人形「天神(大)」
富山土人形「天神(小)」
富山土人形「随身」
ページトップへ