文化遺産オンライン

業平歌意図

なりひらかいず

作品概要

業平歌意図

なりひらかいず

絵画 / 江戸

土佐光起筆

江戸時代・17世紀

絹本着色

88.1×40.9

1幅

伊勢物語の主人公とされる在原業平は、歌人としても尊ばれた。過去の恋を思って歌を詠む第四段「西の対」を描く本図では、梅を眺める姿は中国の林和靖、座る姿勢は柿本人麻呂など、伝統的な風流人や歌仙を連想させる。如慶筆「伊勢物語絵巻」にも同様の姿で描かれる。

業平歌意図をもっと見る

土佐光起筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

伊勢物語 / / 和歌 /

関連作品

チェックした関連作品の検索