勿来関図 なこそのせきのず

絵画  日本画 / 江戸 / 日本 

浮田一けい(1795~1859)筆
うきたいっけい
江戸時代後期
絹本着色
本紙縦113.3cm 横54.3cm
1幅

勿来関(ナコソノセキ)は、常陸と陸奥の境界にある。源義家が、ここで山桜を歌に詠んだ姿を描く。浮田一けいは田中訥言の門人であり、勤王画家としてしられている。険しい山路を行く武士達。そのデフォルメされた表現は中世絵巻のものであるが、それを掛幅の縦長の画面にいかに変換するかに、江戸時代の画家の構図の苦心が見える。

作品所在地の地図

関連リンク

勿来関図チェックした作品をもとに関連する作品を探す

勿来関図
勿来関図

板谷慶舟〈広当〉筆

源義家雁行乱知伏兵図
源義家雁行乱知伏兵図

田中訥言(1763~1863)筆

米艦浦賀渡来図
米艦浦賀渡来図

浮田一蕙

若竹鶺鴒図屏風
若竹鶺鴒図屏風

田中訥言(1763~1863)筆

百花百草図屏風
百花百草図屏風

田中訥言筆

ページトップへ