源義家雁行乱知伏兵図 みなもとのよしいえがんこうのみだれにふくへいをしるのず

その他の画像全3枚中3枚表示

絵画  日本画 / 江戸 / 日本 

田中訥言(1763~1863)筆
たなかとつげん
江戸時代後期
絹本着色
本紙縦95.5cm 横39.5cm
3幅対

やまと絵の復興者として名高い訥言だが、晩年は眼を患い、ついには失明し、自ら命を絶ったと伝えられる。それを裏付けるのが、ここに押されている「晦存」印と「求明」の款記である。次第に暗くなっていく視界のなかでの精密な描写に、画家訥言の気概が感じられる。

作品所在地の地図

関連リンク

源義家雁行乱知伏兵図チェックした作品をもとに関連する作品を探す

若竹鶺鴒図屏風
若竹鶺鴒図屏風

田中訥言(1763~1863)筆

勿来関図
勿来関図

浮田一けい(1795~1859)筆

百花百草図屏風
百花百草図屏風

田中訥言筆

青緑山水図
青緑山水図

中林竹洞(1776~1853)筆

風俗図
ページトップへ