文化遺産オンライン

秋草鶉図屏風

あきくさうずらずびょうぶ

作品概要

秋草鶉図屏風

あきくさうずらずびょうぶ

日本画 / 絵画 / 江戸 / 日本

伝土佐光信筆

とさみつのぶ

江戸時代初期

紙本金地着色

本紙縦151.5cm 横354.5cm

6曲1双

重要文化財

すすき野に遊ぶ鶉、というやまと絵の古典的な画題であり、室町時代の土佐光信の作として伊達家に伝わったものである。しかし、大画面の構成法や鶉の描写に、狩野派や院体画の影響が見られるため、現在では江戸時代初期の土佐光起に作者が擬せられている。現状では、各隻の左端の1扇が入れ替わって表装されている。

秋草鶉図屏風をもっと見る

伝土佐光信筆をもっと見る

名古屋市博物館をもっと見る

キーワード

土佐 / 屏風 / 光起 /

関連作品

チェックした関連作品の検索