吉野花見図屏風 よしのはなみずびょうぶ

その他の画像全2枚中2枚表示

日本画  絵画 / 江戸 / 日本 

江戸時代前期
紙本金地着色
本紙縦153.0cm 横356.8cm
6曲1双

桜咲き誇る吉野山域に、参拝者が花を愛でつつ堂宇を巡っている。技法的には17世紀中頃のものとみられるが、風俗は桃山時代のものであり、中世絵巻の図様も認められ好古的である。俵屋宗達工房を示す「伊年」印が押されているが、これは後世のものであろう。

作品所在地の地図

関連リンク

吉野花見図屏風チェックした作品をもとに関連する作品を探す

太閤花見図屏風
吉野山図屏風
吉野山図屏風

作者不詳

吉野山図屏風
紙本墨画蓮池水禽図〈俵屋宗達筆/〉
四季草花図屏風
四季草花図屏風

伝 俵屋宗雪

ページトップへ