桜下蹴鞠図   おうかけまりず

その他の画像全2枚中2枚表示

絵画 / 安土・桃山 / 日本 

日本
桃山時代
紙本金地着色
(各)縦158.8㎝ 横356.8㎝
六曲一双
東京都港区南青山6-5-94
根津美術館
重要美術品

向かって右隻には、桜樹に囲まれて公卿や僧侶、稚児らが蹴鞠にうち興じる姿を、左隻には垣根の外の水際で主人を待つ従者たちの様子を描く。待ちくたびれてあくびをする姿がユーモラスである。画面右上に水平に邸の縁を配したうえで、桜の幹と人物が上下方向の運動感を生んでいる右隻と、垣根の斜線や水際の曲線で画面を大胆に画し、下辺に静的な人物を集めた左隻。巧妙に図られた構図の対照がみごとである。飄逸(ひょういつ)にしておおらか、しかし雅な人物の表現とあわせ、近世初期に活躍した俵屋宗達、その工房で制作されたと考えられる。

作品所在地の地図

関連リンク

桜下蹴鞠図  チェックした作品をもとに関連する作品を探す

山水図屏風
松桜図屏風
松桜図屏風

伝 俵屋宗達

太閤花見図屏風
白梅図屏風
日月山水図屏風
ページトップへ