Taikohanamizubyobu

太閤花見図屏風

Details

Taikohanamizubyobu

太閤花見図屏風

絵画 / 日本画 / 安土・桃山 / 日本

桃山時代

紙本金地着色

本紙縦150.0cm 横359.8cm

6曲1双

右隻に桜に囲まれる鐘楼、左隻にそれを見る3人の貴人を描く。秀吉について書かれた軍記物語『大かうさまくんきのうち』の記述より、醍醐寺での花見を描いたものと推定されるが、右端の秀吉と見られる人物以外の2人を誰に比定するかは諸説がある。

Search by Taikohanamizubyobu

Search by 名古屋市博物館

Keywords

/ 屏風 / びょうぶ /

Related Works

Search items related to work chosen