文化遺産オンライン

曽我物語図屏風

そがものがたりず びょうぶ

作品概要

曽我物語図屏風

そがものがたりず びょうぶ

日本画 / 安土・桃山 / 日本

土佐光吉  (天文8年生、慶長18年没)

とさみつよし

日本

桃山時代/1539-1613

紙本著色・六曲一双屏風

172.0×720.0(cm)

2

鳥取市

渡辺美術館

曽我物語は、源頼朝主催の富士山麓での巻狩に乗じ、曽我兄弟が父の仇討ちを果たすという物語。右隻には、弓を構えた武士と勢子たちが、猟犬と鷹狩の鷹、そして鹿、猪、兎、雉などの獲物とともに描かれている。左隻は物語の舞台を宿営地に移し、兄弟の仇討ちシーンを中央に配し、周辺に前後のエピソードが描かれている。調査の結果、当屏風は永年研究者が捜し求めていた土佐光吉が描いたとされる名品と確認された。

曽我物語図屏風をもっと見る

土佐光吉をもっと見る

渡辺美術館をもっと見る

キーワード

屏風 / / 物語 / 描く

関連作品

チェックした関連作品の検索