文化遺産オンライン

曽我物語図屏風(模本)

そがものがたりずびょうぶ(もほん)

作品概要

曽我物語図屏風(模本)

そがものがたりずびょうぶ(もほん)

絵画 / 江戸

住吉内記模

江戸時代・19世紀

紙本墨画

本紙 縦25.2 長さ476.4

1巻

銘文:「三番 牧狩馬屋 光茂筆 一 住吉内記」 ; 「富士巻狩 光茂筆屏風抜写」 ; 「住之江文庫」

『曽我物語』の富士牧狩の場面を描いた屏風一隻分を写したもの。墨書どおり土佐光茂の画風が認められることから、土佐光吉筆と目される「曽我物語図屏風」(鳥取・渡辺美術館)に先行する土佐派作品の存在を示唆する貴重な模本と考えられる。

曽我物語図屏風(模本)をもっと見る

住吉内記模をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

土佐 / 屏風 / 物語 / 場面

関連作品

チェックした関連作品の検索