文化遺産オンライン

曽我物語 富士狩場 十番切図

そがものがたり ふじかりば じゅうばんぎりず

作品概要

曽我物語 富士狩場 十番切図

そがものがたり ふじかりば じゅうばんぎりず

版画 / 江戸 / 神奈川県

五雲亭貞秀

元治元年/1864

紙,木版多色刷

縦37cm 横76cm

3枚

箱根町立郷土資料館

浮世絵

富士の裾野の巻狩に従った工藤を首尾良く討ち取った曽我兄弟は、その勢いで源頼朝の寝所に攻め寄せます。そこで十人切りの奮闘をしますが、兄祐成は仁田四郎に討ち取られ、弟時致(時宗)も女装した御所五郎丸に組み伏せられます。この最後の場面が、躍動感のある筆致で描かれています。

曽我物語 富士狩場 十番切図をもっと見る

五雲亭貞秀をもっと見る

箱根町立郷土資料館をもっと見る

キーワード

箱根 / 曽我 / 町立 / 浮世絵

関連作品

チェックした関連作品の検索