東海道五十三対 箱根 とうかいどうごじゅうさんつい はこね

版画 / 江戸 / 神奈川県 

歌川国芳
弘化年間/1844-1847
紙,木版多色刷
縦34.3cm 横23.7cm
1枚
箱根町立郷土資料館
浮世絵

東海道の各駅に因んだ故事や物語を題材にした揃物で、箱根山を背に振り返る箱王丸が描かれています。仇討への決意を胸に箱根権現を後にした彼の表情に、その決意の強さが表現されています。脇に抱える木箱の中には、仇敵工藤祐経から贈られた赤木柄の短刀が収められているのでしょうか。

作品所在地の地図

関連リンク

東海道五十三対 箱根チェックした作品をもとに関連する作品を探す

(箱王丸赤木柄の短刀拝領図)
稚立功名鑑 箱王丸
忠孝仇討図会 箱根霊験記
東海道五十三次之内 小田原箱根間 畑宿 工藤祐経
東海道五十三次内 箱根 ミしまへ 三リ廿八丁
ページトップへ