東海道十一 五十三次 箱根 夜中松明登り とうかいどうじゅういち ごじゅうさんつぎ はこね やちゅうたいまつのぼり

版画 / 江戸 / 神奈川県 

初代歌川広重
弘化4~嘉永5年/1847-1852
紙,木版多色刷
縦23.8cm 横36.2cm
1枚
箱根町立郷土資料館
浮世絵

初代広重が描いた東海道もののうち、「隷書東海道」と呼ばれる揃物の1枚です。松明の明かりをたよりに石畳を登る一行ですが、日没後は箱根関所の通行ができませんでした。急を要する夜中の公用通行か、あるいは夜明け前の「朝まだき」に小田原宿を出発して、薄暗い街道を登る箱根越えでしょうか。

作品所在地の地図

関連リンク

東海道十一 五十三次 箱根 夜中松明登りチェックした作品をもとに関連する作品を探す

東海道五拾三次 箱根
東海道五拾三次 箱根

初代歌川広重

五十三次名所図会十一 はこね山中夜行の図
五十三次 箱根 とうじば
東海道五十三次 十一 箱根
東海道五十三次之内 箱根之図
ページトップへ