東海道五十三次内 箱根 ミしまへ 三リ廿八丁 とうかいどうごじゅうさんつぎのうち はこね みしまへ さんりにじゅうはっちょう

版画 / 江戸 / 神奈川県 

歌川芳員
嘉永6年/1853
紙,木版多色刷
縦11.8cm 横17.2cm
1枚
箱根町立郷土資料館
浮世絵

東海道中に伝わる妖怪や滑稽譚を題材とした揃物で、箱根では国境を越える馬の背に、狐が乗っている光景が描かれています。荷にぶら下がる小田原提灯が魔除けの利益があるとして売られていたことから、これを皮肉ったものでしょう。狐に驚く馬子の表情も、どこか滑稽です。

作品所在地の地図

関連リンク

東海道五十三次内 箱根 ミしまへ 三リ廿八丁チェックした作品をもとに関連する作品を探す

東海道五十三次十二 箱根山中
東海道五十三次之内 箱根
五十三次 箱根 とうじば
東海道十一 五十三次 箱根 夜中松明登り
東海道五十三対 箱根
ページトップへ