東海道五十三次之内 小田原箱根間 畑宿 工藤祐経 とうかいどうごじゅうさんつぎのうち おだわらはこねかん はたじゅく くどうすけつね

版画 / 江戸 / 神奈川県 

三代歌川豊国
嘉永5年/1852
紙,木版多色刷
縦35cm 横25.3cm
1枚
箱根町立郷土資料館
浮世絵

「役者見立東海道」と呼ばれる揃物の1枚で、曽我兄弟の父を陥れた仇、工藤祐経が描かれています。役者は五代目松本幸四郎で、悪役を得意としました。「畑宿」と画題にありますが、描かれている風景は、箱根権現のある芦ノ湖付近でしょうか。そのため、畑宿を連想させるものは、画題周辺に描かれた木工芸品だけに見えます。

作品所在地の地図

関連リンク

東海道五十三次之内 小田原箱根間 畑宿 工藤祐経チェックした作品をもとに関連する作品を探す

東海道小田原箱根間 西の川原 月小夜
東海道五十三対 箱根
東海道五十三次内 箱根 ミしまへ 三リ廿八丁
東海道十一 五十三次 箱根 夜中松明登り
東海道五十三次之内 箱根之図
ページトップへ