東海道五十三次 十一 箱根 とうかいどうごじゅうさんつぎ じゅういち はこね

版画 / 江戸 / 神奈川県 

二代歌川広重
安政元年/1854
紙,木版多色刷
縦12.2cm 横18.5cm
1枚
箱根町立郷土資料館
浮世絵

二代広重の作品で、「重宣」は初代の死後に二代広重を襲名する前の名です。画面の向きは異なりますが、初代広重「人物東海道」のうち箱根を描いたものと酷似した図柄です。修業時代、師の作を模して描かれたものでしょう。

作品所在地の地図

関連リンク

東海道五十三次 十一 箱根チェックした作品をもとに関連する作品を探す

東海道五拾三駅 十一 箱根やま中
五十三次 箱根 とうじば
東海道十一 五十三次 箱根 夜中松明登り
双筆五十三次 箱根
双筆五十三次 箱根

三代歌川豊国・初代歌川広重

東海道五十三次之内 箱根之図
ページトップへ