東海道箱根 とうかいどうはこね

版画 / 江戸 / 神奈川県 

二代歌川広重
文久3年/1863
紙,木版多色刷
縦24.6cm 横17.5cm
1枚
箱根町立郷土資料館
浮世絵

初代広重の女婿である二代広重の作品で、文久3年(1863)、約230年ぶりに将軍徳川家茂が上洛した事に因んで出版された、「上洛東海道」と呼ばれるシリーズの1枚です。師の初代歌川広重と同様、夜中の松明登りの様子を描いていますが、騎馬2騎を含む大名行列となっています。

作品所在地の地図

関連リンク

東海道箱根チェックした作品をもとに関連する作品を探す

東海道箱根
東海道箱根

歌川芳盛

東海道ハコネ湯治
東海道ハコネ湯治

二代歌川国貞・二代歌川広重

東海道五十三次 十一 箱根
東海道十一 五十三次 箱根 夜中松明登り
東海道五拾三次 箱根
東海道五拾三次 箱根

初代歌川広重

ページトップへ