東海道張交図会 平塚 大磯 小田原 箱根 とうかいどうはりまぜずえ ひらつか おおいそ おだわら はこね

版画 / 江戸 / 神奈川県 

初代歌川広重
安政3年/1856
紙,木版多色刷
縦34.4cm 横22.7cm
1枚
箱根町立郷土資料館
浮世絵

複数の宿場の風物などを盛り込んだ揃物「張交東海道」です。初代広重は複数の張交東海道を手がけていますが、これは「山藤版」と呼ばれるものの1枚です。左下に塔之澤温泉が描かれており、の右半分を切り取ったかのような構図です。

作品所在地の地図

関連リンク

東海道張交図会 平塚 大磯 小田原 箱根チェックした作品をもとに関連する作品を探す

東海道五十三次之内 箱根之図
五十三次 箱根 とうじば
東海道十一 五十三次 箱根 夜中松明登り
五十三次名所図会十一 はこね山中夜行の図
東海道五十三次 十一 箱根
ページトップへ