五十三次名所図会十一 はこね山中夜行の図 ごじゅうさんつぎめいしょずえじゅういち はこねやまなかやこうのず

版画 / 江戸 / 神奈川県 

初代歌川広重
安政2年/1855
紙,木版多色刷
縦37.2cm 横25.4cm
1枚
箱根町立郷土資料館
浮世絵

「竪絵東海道」と呼ばれる、初代広重晩年の揃物の1枚です。竪という構図上、石畳道がより急峻に感じられます。箱根東坂のうち、須雲川を左手に見ながら登る場所は限られており、須雲川の集落から畑宿の間のわずかな場所しかありません。

作品所在地の地図

関連リンク

五十三次名所図会十一 はこね山中夜行の図チェックした作品をもとに関連する作品を探す

富士三十六景 はこねの湖すい
東海道十一 五十三次 箱根 夜中松明登り
東海道五十三次之内 箱根之図
東海道五十三次 十一 箱根
五十三次 箱根 とうじば
ページトップへ