忠孝仇討図会 箱根霊験記 ちゅうこうあだうちずえ はこねれいげんき

版画 / 江戸 / 神奈川県 

初代歌川広重
弘化後期/1846-47
紙,木版多色刷
縦37.3cm 横25.9cm
1枚
箱根町立郷土資料館
浮世絵

忠臣蔵をはじめとする有名な仇討物語を題材に、初代広重が手掛けた揃物の1枚です。仇敵滝口上野を追う途中、病により足の自由を失った飯沼勝五郎と、彼を車に乗せて引く初花が箱根に辿り着いた場面で、「ここらあたりは山家ゆえ、紅葉のあるに雪が降る」の台詞で知られる、物語中の名場面です。その情景を、風景画を得意とした広重らしい筆致で表現しています。

作品所在地の地図

関連リンク

忠孝仇討図会 箱根霊験記チェックした作品をもとに関連する作品を探す

箱根霊験躄ノ仇討
箱根霊験躄ノ仇討

初代歌川国貞

双筆五十三次 箱根
双筆五十三次 箱根

三代歌川豊国・初代歌川広重

東海道五十三対 箱根
東海道五十三次の内 箱根 初花
富士三十六景 はこねの湖すい
ページトップへ