箱根霊験躄ノ仇討 はこねれいげんいざりのあだうち

版画 / 江戸 / 神奈川県 

初代歌川国貞
天保年間/1830-1843
紙,木版多色刷
縦37.5cm 横76.2cm
3枚
箱根町立郷土資料館
浮世絵

「箱根霊験躄仇討」の終盤、勝五郎たちが仇敵滝口上野を追い詰める場面です。物語では、死後に滝に打たれて夫の仇討を成就させる初花ですが、作品では場面を盛り上げるためか、人質として描かれています。そのため、勝五郎とともに立ち向かう女性は初花の母早蕨です。箱根権現のある芦ノ湖が舞台となっており、滝口の後ろには賽の河原も描かれています。

作品所在地の地図

関連リンク

箱根霊験躄ノ仇討チェックした作品をもとに関連する作品を探す

忠孝仇討図会 箱根霊験記
東海道五十三次の内 箱根 初花
双筆五十三次 箱根
双筆五十三次 箱根

三代歌川豊国・初代歌川広重

見立箱根ノ滝 勝五郎
東海道五十三対 箱根
ページトップへ