東海道五拾三駅 名画之書分 箱根 筆助中村芝翫 とうかいどうごじゅうさんえき めいがのかきわけ ふですけ なかむらしかん

版画 / 江戸 / 神奈川県 

三代歌川豊国・河鍋暁斎
元治元年/1864
紙,木版多色刷
縦36.7cm 横25.5cm
1枚
箱根町立郷土資料館
浮世絵

飯沼勝五郎の仇討に従った家来の筆助が、立回りを演ずる光景を力強く描写しており、同年に死去する三代豊国の「一世一代」と記すに相応しい作品です。また、上段の三島神社祭礼の光景は河鍋暁斎が手掛けています。

作品所在地の地図

関連リンク

東海道五拾三駅 名画之書分 箱根 筆助中村芝翫チェックした作品をもとに関連する作品を探す

双筆五十三次 箱根
双筆五十三次 箱根

三代歌川豊国・初代歌川広重

東海道名所之内 箱根山中陰石
東海道五拾三駅 十一 箱根やま中
東海道五十三次の内 箱根 初花
曽我八景自筆鏡 五郎時致
曽我八景自筆鏡 五郎時致

三代歌川豊国・二代歌川広重

ページトップへ