東海道ハコネ湯治 とうかいどうはこねとうじ

版画 / 江戸 / 神奈川県 

二代歌川国貞・二代歌川広重
文久3年/1863
紙,木版多色刷
縦35.9cm 横23.6cm
1枚
箱根町立郷土資料館
浮世絵

手ぬぐいを持つ浴衣姿の女性の背後に、箱根山の全景が描かれています。助筆の「立斎」は二代広重のことで、背景部分を担当したと思われますが、竪という構図からか窮屈な印象を受けます。この作品も上洛東海道の1枚で、画面中央左の畑宿付近には、毛槍を掲げた大名行列の姿があります。

作品所在地の地図

関連リンク

東海道ハコネ湯治チェックした作品をもとに関連する作品を探す

東海道箱根
東海道箱根

二代歌川広重

東海道一ト眼千両 箱根 高師直
東海道一ト眼千両 箱根 高師直

豊原国周・二代歌川広重

東海道五十三次 十一 箱根
東海道 箱根 畑
東海道 箱根 畑

歌川芳虎

東海道五十三次之内 箱根之図
ページトップへ