双筆五十三次 箱根 そうひつごじゅうさんつぎ はこね

版画 / 江戸 / 神奈川県 

三代歌川豊国・初代歌川広重
安政元年/1854
紙,木版多色刷
縦36cm 横24.9cm
1枚
箱根町立郷土資料館
浮世絵

「箱根霊験躄仇討」の飯沼勝五郎・初花夫婦が描かれています。車に乗る勝五郎と、それを押す初花の姿ですが、「当」と書かれた提灯を手に見得を切るかのような勝五郎の姿は、歌舞伎の一場面を想起させます。上部の風景は初代広重の筆で、三枚橋が橋脚の高い土橋として描かれています。

作品所在地の地図

関連リンク

双筆五十三次 箱根チェックした作品をもとに関連する作品を探す

箱根霊験躄ノ仇討
箱根霊験躄ノ仇討

初代歌川国貞

忠孝仇討図会 箱根霊験記
東海道五十三次の内 箱根 初花
東海道五十三次 十一 箱根
東海道五拾三駅 名画之書分 箱根 筆助中村芝翫
ページトップへ