東海道五十三次之内 箱根 とうかいどうごじゅうさんつぎのうち はこね

版画 / 江戸 / 神奈川県 

初代歌川広重
天保12~13年/1841-1842
紙,木版多色刷
縦19.9cm 横31.7cm
1枚
箱根町立郷土資料館
浮世絵

画題の書体から、行書東海道と呼ばれている揃物です。ここでは、箱根峠の伊豆・相模国境を越える様子を描いてますが、この国境も、よく採り上げられた題材のひとつです。

作品所在地の地図

関連リンク

東海道五十三次之内 箱根チェックした作品をもとに関連する作品を探す

東海道五十三次十二 箱根山中
東海道五十三次内 箱根 ミしまへ 三リ廿八丁
東海道五十三次之内 箱根之図
東海道十一 五十三次 箱根 夜中松明登り
東海道五拾三次 箱根
東海道五拾三次 箱根

初代歌川広重

ページトップへ