東海道小田原箱根間 西の川原 月小夜 とうかいどうおだわらはこねかん さいのかわら つきさよ

版画 / 江戸 / 神奈川県 

三代歌川豊国
嘉永5年/1852
紙,木版多色刷
縦37.2cm 横25.5cm
1枚
箱根町立郷土資料館
浮世絵

画題にある月小夜は、「曽我物語」に登場する、曽我兄弟の忠臣鬼王新左衛門の妻です。月小夜の背景には芦ノ湖と賽の河原が、地蔵堂と思われる建物とともに描かれています。

作品所在地の地図

関連リンク

東海道小田原箱根間 西の川原 月小夜チェックした作品をもとに関連する作品を探す

東海道五十三次之内 小田原箱根間 畑宿 工藤祐経
曽我八景自筆鏡 五郎時致
曽我八景自筆鏡 五郎時致

三代歌川豊国・二代歌川広重

東海道五十三次の内 箱根 初花
東海道五十三次内 箱根 ミしまへ 三リ廿八丁
富士裾野 曽我物語兄弟報讐之図
ページトップへ