今様擬源氏 四十八 早蕨 いまようなぞらえげんじ よんじゅうはち さわらび

版画 / 江戸 / 神奈川県 

落合芳幾
元治元年/1864
紙,木版多色刷
縦36cm 横24.8cm
1枚
箱根町立郷土資料館
浮世絵

相撲をとる猿と兎を、行司役の金太郎が扇子を持って見守る構図です。源氏物語に因んだ揃物で、この作品では第48帖「早蕨」の文中で詠まれた「此春ハ 誰にか見せん なき人の かたみにつめる 峰のさわらひ」の歌とともに、ワラビも描かれています。

作品所在地の地図

関連リンク

今様擬源氏 四十八 早蕨チェックした作品をもとに関連する作品を探す

怪童丸元服之図
怪童丸元服之図

歌川芳艶

月百姿 金時山の月
東海道五十三次内 箱根 ミしまへ 三リ廿八丁
箱根七湯一覧
箱根七湯一覧

二代歌川広重

東海道五十三対 箱根
ページトップへ