花下遊楽図屏風抜写 かかゆうらくずびょうぶぬきうつし

絵画 / 明治 

溝口禎次郎筆
明治時代・20世紀
紙本墨画淡彩
(本紙)66.3×55.4
1幅

「狩野長信筆屏風絵抜写 原六郎蔵」と記されており、大正12年に焼失した花下遊楽図屏風の右隻の部分模写とわかる。模写した溝口は東京美術学校で教鞭を取り、帝室博物館の美術課長を務めた人物。本図は明治四十四年特別展覧会の折に写された可能性が高い。

作品所在地の地図

関連リンク

花下遊楽図屏風抜写チェックした作品をもとに関連する作品を探す

紙本著色花下遊楽図〈狩野長信筆/六曲屏風(右隻の二扇を欠く)〉
南蛮屏風
花下遊楽図屏風
花下遊楽図屏風

狩野長信筆

厳島遊楽図屏風
厳島遊楽図屏風

筆者不詳

南蛮人交易図屏風
ページトップへ