文化遺産オンライン

花下遊楽図屏風抜写

かかゆうらくずびょうぶぬきうつし

作品概要

花下遊楽図屏風抜写

かかゆうらくずびょうぶぬきうつし

絵画 / 明治

溝口禎次郎筆

明治時代・20世紀

紙本墨画淡彩

(本紙)66.3×55.4

1幅

「狩野長信筆屏風絵抜写 原六郎蔵」と記されており、大正12年に焼失した花下遊楽図屏風の右隻の部分模写とわかる。模写した溝口は東京美術学校で教鞭を取り、帝室博物館の美術課長を務めた人物。本図は明治四十四年特別展覧会の折に写された可能性が高い。

花下遊楽図屏風抜写をもっと見る

溝口禎次郎筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

屏風 / / 遊楽 /

関連作品

チェックした関連作品の検索