Yoshinoyamazubyobu

吉野山図屏風

Details

Yoshinoyamazubyobu

吉野山図屏風

日本画

作者不詳

さくしゃふしょう

日本

江戸時代

紙本金地着色 六曲一隻

170.2×379.6cm

1

吉野山の桜は「古今和歌集」以来和歌に詠まれ、龍田川の紅葉とならび、代表的な春の画題の一つとして描き続けられてきた。本図は吉野山の金峯山寺に参詣する人々の風俗を、万朶の桜のはなやかな情景に点在させながら個性豊かに描写し、のどかでおおらかな画面を展開させている。

Related Works

Search items related to work chosen