吉野山龍田川図屏風 よしのやまたつたがわずびょうぶ

その他の画像全2枚中2枚表示

日本画 

狩野派
かのうは
日本
江戸時代前期
紙本着色 六曲一双
165.5×367.0cm(各)
2

吉野山は奈良の桜の名所、龍田川は奈良の紅葉の名所である。吉野の桜、龍田の紅葉は、春秋の季節を代表する景物として和歌に詠まれ、また古来より描かれ続けてきたやまと絵の画題である。画面全体に切箔と砂子による金雲を施し、流麗な流水の描写と、桜花・紅葉の春・秋の対比が美しい装飾的な作品となっている。

作品所在地の地図

関連リンク

吉野山龍田川図屏風チェックした作品をもとに関連する作品を探す

吉野山図屏風
吉野山図屏風

作者不詳

葡萄棚図屏風
葡萄棚図屏風

狩野派

洛中洛外図屏風
和歌散書花鳥図屏風 松花堂昭乗筆
小雨ふる吉野
小雨ふる吉野

菊池芳文

ページトップへ