四季草花図屏風 しきそうかずびょうぶ

その他の画像全2枚中2枚表示

日本画 

伝 俵屋宗雪 (生没年不詳)
たわらやそうせつ
日本
江戸時代前期
紙本金地着色 六曲一双
72.0×217.0cm(各)
2

白菊、野紺菊などの野菊を中心として、その周辺に桔梗(ききょう)、女郎花(おみなえし)、芒(すすき)など秋の草花が、さらには蒲公英(たんぽぽ)、野茨、南天、藪柑子(やぶこうじ)といった春や冬の植物も見えている。四季の草花を、繊細に写実的に描写しながら、それらを画面の左右に広がりをもって散りばめ配した装飾的な 風である。作者は琳派の創始者、俵屋宗達の弟子とも子とも伝えられる俵屋宗雪と考えられる。琳派の画家は、それまで絵画の脇役的な存在だった名もない野の草花を、絵画の主題として扱い、見事に装飾化している。

作品所在地の地図

関連リンク

四季草花図屏風チェックした作品をもとに関連する作品を探す

秋草図屏風
秋草図屏風

俵屋宗雪筆

草花図押絵貼屏風
草花図押絵貼屏風

宗雪印(喜多川相説?)

白梅図屏風
紙本金地著色日月松鶴図〈/六曲屏風〉
紙本墨画蓮池水禽図〈俵屋宗達筆/〉
ページトップへ