秋草図屏風 あきくさずびょうぶ

その他の画像全2枚中2枚表示

絵画 / 江戸 

俵屋宗雪筆
江戸時代・17世紀
紙本金地着色
(各)158.5×362.6
6曲1双
重要文化財

 緑を薄塗りした金地の野辺に、萩@はぎ@、薄@すすき@、女郎花@おみなえし@、芙蓉@ふよう@など咲き乱れる秋の草花。地面の起伏と草花の布置@ふち@とが協調して波状の動きを作り、澄んだ秋の大気が吹き抜ける。宗雪は、あの俵屋宗達@たわらやそうたつ@の後継者であり、はじめ京都で活躍し、後に加賀金沢で前田家に仕えた。

作品所在地の地図

関連リンク

秋草図屏風チェックした作品をもとに関連する作品を探す

四季草花図屏風
四季草花図屏風

伝 俵屋宗雪

関屋図屏風
関屋図屏風

俵屋宗達筆、烏丸光広賛

草花図押絵貼屏風
草花図押絵貼屏風

宗雪印(喜多川相説?)

紙本金地著色秋草図〈俵屋宗達筆/六曲屏風〉
紙本墨画蓮池水禽図〈俵屋宗達筆/〉
ページトップへ