Chikujozubyobu

築城図屏風

Details

Chikujozubyobu

築城図屏風

絵画 / 日本画 / 安土・桃山 / 日本

桃山時代

紙本金地着色

本紙縦55.8cm 横210.2cm

6曲1隻

愛知県指定文化財

城の普請に沸き立つ城下町の姿を描く小屏風である。町並の様子から、制作は慶長年間(1596~1615)後半頃と見られ、慶長12年(1607)に着手された駿府城築城の様子ではないかとの説もある。近世初期風俗画の中でも異色の画題であり、芸能・風俗史の観点からも興味が深い。

Search by Chikujozubyobu

Search by 名古屋市博物館

Keywords

屏風 / / / 描く

Related Works

Search items related to work chosen