飲中八仙図 インチュウハッセンズ

その他の画像全4枚中4枚表示

絵画 

縦:149cm 横:360cm
6曲1隻
重要文化財

唐の詩人杜甫(とほ)の『飲中八仙歌』にちなんだ作品で、古来、わが国画人のよく好んだ画題である。いまは1隻が残って4人の酒仙が描かれているだけだが、本来は向って右側に画面がつながって1双をなしていたもの。図中の款記から、本図は慶長7年(1602)10月3日、因幡国鹿野の城主である亀井茲矩(しげのり)の依頼によって制作されたことが知られる。海北友松(1533-1615)の数少ない基準作例として貴重。

作品所在地の地図

関連リンク

飲中八仙図チェックした作品をもとに関連する作品を探す

飲中八仙図
飲中八仙図

堀川敬周

紙本墨画飲中八仙図〈海北友松筆/六曲屏風〉
紙本金地著色萩芒図 長谷川等伯筆六曲屏風
飲中八仙歌(杜甫/唐詩選)
雲龍図屏風(右隻)
ページトップへ