飲中八仙図 いんちゅうはっせんず

その他の画像全2枚中2枚表示

日本画 / 江戸 

堀川敬周 (1789頃~1858)
ほりかわけいしゅう
富山県高岡市
江戸後期
絹本・軸装・墨画淡彩
本紙:縦102.2cm×横35.8cm
全体:縦172.4cm×横46.3cm
軸長:50.7cm
1
富山県高岡市古城1-5
高岡市蔵(高岡市立博物館保管)

 高岡初の町絵師・堀川敬周による「飲中八仙図」である。
 本紙には画題である八仙人の他に従者も複数人描かれており、総勢19名となっている。画題の飲中八仙は、杜甫の七言古詩「飲中八仙歌」に詠まれた八人の文人のことで、全員が酒豪でもあった。人物画の画題として描かれてきたもので、図内の人物の行動は詩の内容に沿ったもののようである。
 落款は図中に描かれている掛軸(「飲中八仙歌」によると繍仏か?)の本紙部分に入っており、墨書「敬周」の下に白文方形印「敬周」とある。

作品所在地の地図

関連リンク

飲中八仙図チェックした作品をもとに関連する作品を探す

飲中八仙図
飲中八仙図

海北友松

飲中八仙歌
飲中八仙歌

寂厳筆

高岡町奉行肖像
高岡町奉行肖像

堀川敬周

秋景山水図
秋景山水図

堀川敬周、賛:殿岡神通

飮中八仙歌
飮中八仙歌

中川 一政

ページトップへ