漁樵図屏風 ぎょしょうずびょうぶ

権利者:高岡市立博物館蔵

日本画 / 江戸 / 富山県 

堀川敬周(1789頃~1858) (1789頃~1858)
ほりかわけいしゅう
富山県高岡市
江戸後期
紙本・墨画彩色
〔本紙〕各縦99.1cm×横54.8cm
〔各扇〕縦124.5cm×横64.0cm
〔全体〕縦124.5cm×横127.9cm
1
富山県高岡市古城1-5
資料番号 3-01-01-38

 高岡初の町絵師・堀川敬周筆の《漁樵図屏風》である。左図に童連れた漁夫、右図に薪を担いだ樵(木こり)を描く。それぞれの会話や息遣いまで感じさせ、敬周の優れた技能がうかがえる。
 右図は右下、左図は左下にそれぞれ落款「敬周」と、白文方印「敬周之印」、朱文方印「字曰公載」の印章がある。
 「漁樵図」とは、漁夫と樵(木こり)を描いたもので、大自然を友に悠々と生きる両者が、互いの天分について語り合う中国の詩「漁樵問答」に基づいた人気の画題である。高岡初の町絵師であった堀川敬周(1789頃~1858)は、山水花鳥や人物、風物などあらゆる画題を求めに応じて描いた。

◆堀川 敬周(ほりかわ けいしゅう)
生没年:寛政元年(1789)頃~安政5年(1858)

江戸後期に商工活動が盛んになった高岡に現れた最初の専門町絵師。天保・弘化年間(1830~48)を中心に活躍し、初期高岡画壇の礎を築いた。姓は「源」、字(もしくは氏)が「公載」といい、「長汀」とも称した。『高岡史料』下巻(1909年、高岡市)によると、高岡堀上町の紺屋・湊屋平助の二男に生まれ、片原中島町の画人・堀蠖翁の養子となった。その後画業を志し、京都四条派の紀広成、東東洋に学び、山水・花鳥・人物などあらゆる画題を修得した。一方で漢詩人・大窪詩仏、金沢の俳人・桜井梅室、瑞龍寺の閑雲禅師ら多くの文人墨客たちと親交をもち、洒脱な俳画や風俗画も描いた、また高田蕙圃など多数の弟子を育成した。

作品所在地の地図

関連リンク

漁樵図屏風チェックした作品をもとに関連する作品を探す

漁樵図屏風
漁樵図屏風

堀川敬周(1789頃~1858)

四季花鳥図屏風
四季花鳥図屏風

堀川敬周(1789頃~1858)

山水十二ヶ月の図屏風
山水十二ヶ月の図屏風

堀川敬周(1789頃~1858)

老松に雀図屏風
老松に雀図屏風

堀川敬周(1789頃~1858)

牡丹に孔雀図屏風
牡丹に孔雀図屏風

堀川敬周(1789頃~1858)

ページトップへ