勿来関図 なこそのせきず

絵画 / 江戸 

狩野〈伊川院〉栄信筆
江戸時代・19世紀
絹本着色
222.7×161.2
1幅

 平安時代の武将、源義家@よしいえ@の和歌「吹く風をなこその関と思へども道もせにちる山桜かな」(「来る勿(なか)れ」という名の関なのだから吹く風も来ないでくれと思うが、道を塞@ふさ@ぐほど山桜の花が散っているよ)の景を描く。江戸後期の狩野派を代表する絵師狩野栄信の大作。

作品所在地の地図

関連リンク

勿来関図チェックした作品をもとに関連する作品を探す

関羽・山水図
関羽・山水図

狩野栄信〈伊川院〉筆

勿来関図
勿来関図

板谷慶舟〈広当〉筆

保元物語絵巻下絵
保元物語絵巻下絵

狩野〈伊川院〉栄信筆

勿来関図
勿来関図

浮田一けい(1795~1859)筆

舞楽楽器之図
舞楽楽器之図

狩野伊川院〈栄信〉?

ページトップへ