文化遺産オンライン

徳川十六将図

とくがわじゅうろくしょうず

作品概要

徳川十六将図

とくがわじゅうろくしょうず

その他 / 江戸 / 日本

狩野秀信

かのうひでのぶ

江戸

絹本著色 

193.0 × 63.5

1幅

山形県鶴岡市

致道博物館

 家康を上部中央に配し、右上筆頭に松平康忠、左上筆頭に酒井忠次、その下に榊原康政、本多忠勝、井伊直政と四天王等武功型家臣16人の武将姿像を描いている。久能山東照宮には狩野探信筆と伝える一六将図があり、それにならって各武将の家に狩野派絵師により伝えられたものであろう。

徳川十六将図をもっと見る

狩野秀信をもっと見る

公益財団法人致道博物館をもっと見る

キーワード

狩野 / 絵師 / 鶴岡 / 庄内

関連作品

チェックした関連作品の検索