文化遺産オンライン

関羽・山水図

かんう さんすいず

作品概要

関羽・山水図

かんう さんすいず

絵画 / 江戸

狩野栄信〈伊川院〉筆

江戸時代・19世紀

絹本着色

各116.6×47.8

3幅

銘文:伊川院法印栄信筆 ; 法印 ; 藤原栄信

 中央の幅、家臣たちに見送られ橋を渡る騎馬姿の武将が関羽。愛器の青龍刀@せいりゅうとう@も見える。左右は夏冬の山水図。中国や室町時代の古画に直接学んだ栄信の力作で、落款「伊川院法印栄信筆」から法印叙任の文化13年(1816)以降、最晩年作と分かる。

関羽・山水図をもっと見る

狩野栄信〈伊川院〉筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

伊川 / / / 狩野

関連作品

チェックした関連作品の検索