光長本三十六歌仙絵 藤原元真 みつながぼんさんじゅうろっかせんえ ふじわらのもとざね

絵画 / 鎌倉 

鎌倉時代・14世紀
紙本着色
27.5x37.8
1幅

絵を平安時代末期の絵所預(えどころあずかり)常盤光長(ときわみつなが)筆と伝える三十六歌仙絵で、現在3像しか確認されていない。元真の容貌は「似絵」の描法を用いることなく像主の個性を出すことに成功しており、細部までぬかりのない描写により、完成度の高い画面となっている。

作品所在地の地図

関連リンク

光長本三十六歌仙絵 藤原元真チェックした作品をもとに関連する作品を探す

後鳥羽院本三十六歌仙絵 藤原元真
為氏本三十六歌仙絵 柿本人麻呂
業兼本三十六歌仙絵 源順
宣房本三十六歌仙絵 清原元輔
釈教三十六歌仙絵断簡 満誓
ページトップへ