為氏本三十六歌仙絵 柿本人麻呂 ためうじぼんさんじゅうろっかせんえ かきのもとのひとまろ

絵画 / 鎌倉 

鎌倉時代・14世紀
紙本着色
28.2x22.5
1幅

書を『続拾遺集(しょくしゅういしゅう)』の撰者藤原(二条)為氏(1222~86)筆と伝える三十六歌仙絵。唇には朱を指し、装束に淡彩をほどこすなど、清雅な印象を受ける。衣文線も軽やかであり、業兼本などの影響を受け、その表現を一歩進めた、鎌倉時代後期を代表する歌仙絵である。

作品所在地の地図

関連リンク

為氏本三十六歌仙絵 柿本人麻呂チェックした作品をもとに関連する作品を探す

業兼本三十六歌仙絵 源順
宣房本三十六歌仙絵 清原元輔
後鳥羽院本三十六歌仙絵 藤原元真
光長本三十六歌仙絵 藤原元真
藤原兼輔像(時代不同歌合絵断簡)
ページトップへ